学習効果を最大限に高めるおすすめSTEPS

本講座でおすすめしている 4 STEPS

Weekly Task は次の流れに沿ってチャンレンジしてみましょう。

STEP 1: Slash Reading(スラッシュ・リーディング)

語彙や文法に注意しながら、英語の語順のまま記事を読みます。

STEP 2: Reading Aloud(音読)

お手本の音声を聞きながら、同じ速さで言えるよう練習します。

STEP 3: Writing(ライティング)

記事に関する質問に英語で答えます。ネイティブの添削を受けることで効果が格段にアップします。

STEP 4: Reading Aloud(音読)

添削済みの英文を声に出して読みましょう。

「英文を声に出して読む」ことは、スムーズに話せるようになるための基礎作りです。

音読は、日本の英語界で活躍されている方々はもちろん、世界で「語学の達人」と言われる方々もおすすめしている方法の一つなのです。音読のメリットをいくつか挙げてみましょう。

  1. 声に出して読むことで、文法や語彙などの基礎知識が定着しやすい
  2. きれいな日本語に訳そうとして、最後まで読んで文頭に戻るような「返り読み」をせず、英語の語順で頭から理解できるようになる
  3. 英文を目だけで追うより、耳や口も使うことでさまざまな記憶機能が刺激され、定着しやすい

お手本を聞きながらの記事音読の方法でおすすめなのは次の3つです。

1.Listen and Repeat(リッスン・アンド・リピート)

一文または一フレーズごとに「停止」ボタンを押しながら音声を聞き、真似して発音します。

2.Overlapping(オーバーラッピング)

音声を止めずに、英文を見ながら、音声にかぶせるように真似して発音します。同じ速さで言えるようになればカンペキです!

3.Shadowing(シャドーイング)

音声を止めずに、英文を見ないで、音声にかぶせるように真似して発音します。音声だけを頼りに同じスピードで言う、最も難易度の高いトレーニングです。

添削済みの英文は、次の方法で音読してみましょう。

1.Read Aloud(音読)

文の構造やまとまりを意識しながら、声に出して英文を読む。

2.Read and Look Up(リード・アンド・ルックアップ)

文の構造やまとまりを意識しながら一文またはを一フレーズ読み(音読でも黙読でも可)、視線を外してその文またはフレーズを音読するトレーニング法です。このトレーニングでは、直前に見た文を一時的に覚えておき、それを口頭で再現することになります。ただ音をなぞるだけになりがちな通常の音読に比べて、「文を記憶する」という負荷があるため、より効果の高い音読トレーニングです。

「英文を声に出して読む」ことは、スムーズに話せるようになるための基礎作りです。

Assignment and Comments

0 comments